2017年03月11日

3.11

れんげそう.jpg
3月11日。
この日は忘れもしない東日本大震災の日。
あれから6年の月日が経ちました。

復興も進んでいると思います。
思いますというのは、テレビで見た情報だけで実際をよく知らないから…。
私が住んでいる九州と東北と距離のせいなのか、私の心持ちがよくないのか、普段は意識することもほとんどなくなってしまいました。

だからこそ、節目にはきちんと考えなきゃいけないのかなと。

未だに仮設住宅に住んでいる人がいる。
原発の被害は大丈夫なのか。
津波に飲まれ「助けて」と叫ぶ母に「ごめんね。ありがとう」と背を向けて岸に泳ぎ着いた子供たちの心の傷はどれほど深いものか。
6年のうちに津波の注意喚起を促す速報に見慣れ、どうせ数センチだろうと思っている節がないだろうか。
受動的行動を取りなれている自分が、能動的に回りを巻き込みながら逃げろという声をかけられる率先避難者になれるだろうか。


考えれば考えるほど、首を横に振りたくなるし溜め息が出ます。

被害に遭われた皆様に改めてお見舞いを申し上げるとともに、
一日も早い復興を心よりお祈りします。






posted by きりちゃん at 08:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック