2016年10月07日

明暗の線引き

リオのメダリストたちのパレードが本日行われましたね。
素晴らしい活躍をした選手の皆さんに拍手喝采!!!

でも、こんな時思うんですよね。
リオに行って、ギリギリでメダルを取れなかった人たちって、これをどういう気持ちで見るんだろうって。
いや、もっと言えば、オリンピックにギリギリで行けなかった人たちは…。なんだかツラすぎる…。

選ばれる、選ばれないの線引きって、どんなときもあって、その時だけのことだったらまだ我慢できるけど、数年引きずることもあるし、一生縛られることもある。オリンピックのメダリストっていう肩書なんて一生ものですよね。

どんな世界でも突き抜ければそんな不安とは無縁なのでしょうが、ギリギリの線にいる場合は、明暗くっきり過ぎて…。

「人生は平等に不平等」っていう言葉がこんなときは光です。
本当に今まで自分ばっかりツイてなかった?
自分だけがツイていたこともあったのでは??
理不尽なことって、みんな平等にある。だから、今回ギリギリだめだったとしても、
次回はきっともっと大きい幸せが待っている。

オリンピックを目指したことがあるような、何かを一生懸命目指したことがあるような書き方をついついしてしまいましたが、
考えたら、あれ?私はそういう経験がないのでは…\(◎o◎)/!
ついつい妄想していました(^-^;)
akino.png






posted by きりちゃん at 12:57| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック