2016年03月30日

フォントがホントにすごいんです\(◎o◎)/!

文章やチラシを作るとき、結構フォントに悩んでしまうのですが、
昨日ビックリなことをネット情報で知りました。

三年連続ノミネートされたにもかかわらず、
残念なことに、今年のマンガ大賞を逃してしまった「僕だけがいない街」。
ご存じでしょうか?
映画も公開され話題のマンガです。

IMG_0206.JPG
そのマンガのタイトル文字。
よ〜くご覧ください。
違和感あります??
(私は言われるまで気が付かなかった(^-^;))

なんと!!
「僕だけ」は明朝体、「が」「い」の左はゴシック・右は明朝、「ない街」はゴシック体。
すごくないですか!?このこだわり。
タイトル文字のフォントが途中で変わるというのも斬新だけど、
文字の右と左でフォントが違うなんて!!!
パッと見て気付かないところに、こんな仕掛けが。
プロは違うなぁって思いました。

私もスパイスを利かせた何かを作ってみたくなりました。
でも、こだわりが違う方向を向いてしまって、
なんだか誰も気が付いてくれない気も…('_')
これがプロとアマの違いですかね…。










posted by きりちゃん at 12:54| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック