2015年11月16日

押印マナーのウソホント?

CIMG0920.JPG

年末調整の申告書など書く時期になってきました。
印鑑を押す機会も増えますね。

この印鑑、皆さま真っ直ぐ押せます?
私、社判もなかなかまっすぐ押せない…(^-^;)
(ちなみに、よくいう座判。これは方言なんですよー。ご存じでしたか?
私、これを知ったときかなりの衝撃でした。あまりにも当たり前に使っていたので)

真っ直ぐに押せないは性格が曲がっているせいだーなんて、
言われそうですが、ヽ(´□`。)/

これ、真っ直ぐに押さない、というか斜めに押すのがマナーなんだという説もあるそうですが、
どうなんですかね??

斜めに押すことにより、判子がおじぎをしているように見えるところが、
相手に敬意を表すことになるのだとか??
(右肩上がりで斜めにする。 逆はふんぞり返って見えるからダメみたい)

どうなんでしょうね?
郷に入ったら郷に従え。ですかね??
まわりを見て判断しなきゃですねー(*^-^)






posted by きりちゃん at 17:09| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック