2015年02月21日

弱者の立場

本日、国分では初市が開かれておりますが、
鹿児島では、与次郎本社にて13:30〜から会社説明会が開催されます(*^o^)

少しでも興味をお持ちの方は、是非参加されてみてください。
まずは旭交通のことを知ってくださいね<(_ _)>
2015012900.png

さて、
実は、私、しばらく腰を痛めて苦労をしていたのですが、
ようやく回復したかな?という段階まできました(;_:)

こういうことになって初めて気付くこともいろいろ。

例えば、旅行。国分駅でのできごと。
ゴロゴロ付の旅行バックは、ひっぱることはできるけれど、
もしも2・3番乗り場に電車がとまったら…、どうやって荷物を持って階段を移動するかがく〜(落胆した顔)
自分では絶対に持てない。駅員さんは少ないし忙しそう。でもじゃあ誰に頼む(;_:)?
乗り場にエレベーターが切に欲しい。
このときは、たまたま1番乗り場(階段を使わなくてOK)に止まったので本当にホッとしました。

そして横断歩道。
歩行者信号は青。でもたくさんの右折車・左折車が待っている。
きっと、「もう少し早く歩いて。小走りできるでしょう?」って思われているんだろうな…と分かっていても、ノロノロ歩きしかできず、申し訳ない気持ちでいっぱいに。

挨拶も、ろくに頭を下げられない。 椅子から立ち上がって挨拶なんてハードルが高すぎるたらーっ(汗)
ペコッと首を倒すのが精いっぱい。

物が落ちても、さっと拾ってあげられない。
かがめなくてごめんなさい。

普通なら軽々持てる物も、躊躇する。
この程度は持てるでしょう?ときっと思われるだろうなー。

「現在、腰を痛めてしまっていて、ご迷惑かけてごめんなさい」と、
説明できる場合はいいのだけれど、そうもいかない場合のことが圧倒的に多い。

私は一時のことだろうけど、
常にこのような不健康を抱えている方は、
「申し訳ない」という気持ちでいっぱいのときも多いんだろうなと思うと悲しい気持ちになりました。
いろいろな立場の人のことも思いやりを持って接していかなきゃですね。

そうそう、駅で思ったことがもうひとつ。
駅にイスはあるけれど、そこに座っていたら電車を待つ列に並べない。
座ったまま、列に並べるようなイスの配置があるといいなーと。
早めにいって座って待てるし。
そうならないかなー(^-^)






posted by きりちゃん at 07:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック