2014年06月16日

流れを変える。

2014060031.png
日曜日のワールドカップ。日本、残念でしたー(>_<)
先制点とっていたのに、試合は最後までわからないものですね。
コートジボワールのドログバ選手の一気に流れを変える力はすごかった!

次回、日本の試合は6月20日。応援したいと思います!!!

さて、昨日は、
サッカーを見て、流れを変える…、
ドラマ「ルーズベルト・ゲーム」を見て、流れを変える…、
「今日のブログは、このことについて触れなさい」という、
キーワドのサインを送られたようにも感じたほどでした(^-^;)

集団の流れを変える人って、誰かな。
集団には、いろいろな役割を担う人がいます。
リーダーは、ずば抜けた才能でみんなを引っ張ってくれる人。突き抜けてくるとカリスマになる。
ナンバー2は、リーダーを支え、リーダーの思いをメンバーにかみ砕き伝え、かけ橋になる人。
この二人が流れを変えることも多いかもしれないけれど、
忘れてはならないのが、おへそ(人間でいうところの中心)の人。
いつもは率先して動かない。犯行的態度に出たりもする。
でも、ここぞという時に納得して動く。
このおへその人が実はすごくって、あの人が動いたんだから動かなきゃって、みんなが動く。
おへそが身体の中心だから、集団で上がる、流れが変わる。

やっぱり流れを帰るポイントになる人は「おへそ」のような気がする。
皆さんの周りに思い当たる人、いらっしゃいますか(^-^;)

この3者が揃っている集団は、きっと最強!
流れも良い方向にぐんぐん変わる気がします。









posted by きりちゃん at 14:45| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック