2013年08月06日

「8・6水害」あれから20年

昨日、某ストアーにお買いものに行きました。
陳列棚から商品をとったら、
なんと!

なんとがく〜(落胆した顔)

ツクツクボウシが出てきたんですよあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

びっくりして、
「きゃーっ」ではなく「ぎゃーあ‘‘ぁ‘‘」という、かわいくない叫び声をあげてしまいました。
周囲は微妙な感じ。
(でもでも、普通ツクツクボウシとか出てこないでしょう!
いきなりですよ!叫び声も上げますよ。゚(゚´Д`゚)゚。)
その微妙な空気にいたたまれず、そそくさと店を後にした私です。

ということで、
ツクツクボウシが秋を運んできてくれたのか、
今朝はいつもよりかなり涼しく感じました。
明日は立秋ですねー。
DSC_1683.JPG

今日は、8月6日。
1993年の「8・6水害」から20年を迎えます。

台風にはある程度備えますが、急な豪雨には備えることもできないし、
降るなーと思っていたら、あれよあれよという間に……ということになりがち。
webで情報は手に入りやすい時代になりましたが、
最後はやはり自分の危険予知能力にかかっているのではないかなと思います。
「いつもと違うと感じたら率先非難者になる」を心掛けなきゃいけませんね。





posted by きりちゃん at 11:26| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック