2013年06月17日

「朗読」を聴いたことありますか?

今日から社員研修会が始まりました。
研修があるたびに自分自信を振り返り、
「よし!背筋を伸ばして仕事をしようと!」と思うんですが、
いつも間にか、気持ちがバッド(下向き矢印)になることもたらーっ(汗)
持続させなきゃいけないですねあせあせ(飛び散る汗)
DSC_1519.JPG

さて、
先日、とある朗読発表を聴く機会がありました。

衝撃でしたぴかぴか(新しい)

これが朗読なんだ!
聞き手の想像力を妨げない程度の抑揚と感情の込め方。
言葉のひとつひとつが生きていて心に沁みこむ。なんて美しい日本語。

朗読って、皆さんご存じのとおり「声を出して文章を読むこと」
自分自身も子どもの頃から国語で読んできたし、
テレビでも見たことはあるし、なじみの深いもの。
漢字さえちゃんと読めればできる(^-^;)
その程度の認識しかなかった私は、かなり恥ずかしくなりました。
こんな風に読めない。
なんという臨場感!奥が深い…。

今の世の中、短縮して使っている言葉がなんと多いことか。
歌詞をとってみても、文節の途中で切らないと歌えないものも多い。
時代の流れ、それはそれでいいのかもしれない。
でも、正しく美しい日本語をなくしちゃいけないですねもうやだ〜(悲しい顔)

posted by きりちゃん at 15:59| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック