2012年02月17日

『職場の教養』より『嫉妬活用表』

そういえば・・・、
毎朝朝礼で読んでいる『職場の教養』のお題に、『嫉妬活用法』というのがありました。
職場で高評価を受ける他人の行動に対しては、
嫉妬ではなく自己の成長の糧にしましょうぴかぴか(新しい)といったことでした。

ねたむという感情は、人の中に渦巻く自然な感情だと何かで読んだことがあります。
だから・・・あまりいい感情ではないけれど消し去るということはとても難しい。
変に抑制せず、上手くつきあっていかなければと思います。

『職場の教養』では、対処方法として、
@その人に負けないような実力を身につける
A他の分野で自分を磨く
Bその人は、自分を奮起させてくれる応援者、感謝する
といったことが書かれてありました。

う〜んたらーっ(汗)
@はわかるけど、ABは切り替えが難しいですよね。
嫉妬するということは、それは自分が本当に望んでいること。
その分野で認められたいと思っているからこそですもんね。
他に好きな分野があればいいけれど切り替えも難しいと思います。
Bのような感謝という素晴らしい感情に持っていければ理想だと思うけど、
せめて認めるという感情に持っていければいいのかなぁとも思います。

ということで、やっぱり@の日々努力のみです。

ひらめき
こう書くと、なんだか仕事上であったのかなとか思われそうですが
特に何があったというわけではないです(^_^;)

『職場の教養』をお題に、ちょっと文章を書いてみようかなと思い書いてみましたわーい(嬉しい顔)

posted by きりちゃん at 16:08| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック