2010年06月08日

歴史っておもしろい!のかも?(^O^)

暗記って昔から苦手(^^ゞ
歴史=暗記という図式がしっかり出来上がっている私としては、
歴史も苦手となるわけで・・・。

でも、この頃実はおもしろいのかも?って思うんですよ。

例えば、『龍馬伝』TVででてくる新選組は、とっても冷酷でコワイ。
でも、新選組をクローズアップした番組では、そうとはいえない。

何が言いたいかというと・・・、
歴史上の人物って見方によって、善人ぽくも悪人ぽくも変わる。

それぞれの思想があって、それに向けて突き進んでいくということは、
反対の思想を持つ者から見れば、厄介な人物ということになる。
絶対的な善とか悪とかじゃなくて、すべては考え方。
どちらにも転びうる。
だから、勝てば官軍負ければ賊軍。
なんだか、今更だけれど、スゴイことだな・・・ふらふらと思ってしまいます。

歴史=暗記ではなく、歴史を辿り感じて学ぶというのは、とてもおもしろいことかもしれない。
温故知新。
何か得ることができそうわーい(嬉しい顔)

さて、今日の夕方にかけて、低く雲がたちこめました。
そろそろ梅雨入りかなぁ?
100608_184957.jpg

posted by きりちゃん at 20:24| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ホント、オオタドウカン!
と言うと、おやじギャグになりますが、この「オオタドウカン」を憶えたのも日常の楽しい会話の中から・・

歴史も「現実の中のついこの前の・・」とかというような位置付けをしたら、もっと面白くてしっかり憶えて身についていたでしょうね!?

で???太田どうかん・・確か昔の人!?忘れてる・・調べてみます。(苦笑) 
Posted by 松オジ at 2010年06月09日 10:16
>松オジさん
こんにちは(^O^)
あの〜、このギャグ初めて聞きました(^^ゞ
江戸城築城の武将ですね。
勉強になります!

そうなんですよ。
何年に何があったとか、そういう暗記ではなく、思想とか、どうしてこのような戦いが起こったとか、その人物に興味を持って勉強していたら、今頃私はりっぱな歴女になっていたかもしれません(^^ゞ
Posted by きりちゃん at 2010年06月09日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック