2010年05月21日

願い

世の中にあふれるニュースは、自分に直接関係ないことが多い。
大変なんだなぁとは思うけれど、
すぐに日常が始まり、ニュースも忘却の彼方へ。

新聞・テレビ各メディアは、理路整然と口蹄疫の件を報じている。
大変なことが起こっているなと思うけれど、いまいちリアルに想像できない。

こちらにコメントを寄せて下さったことのある黒豚屋さんの成長日記を昨夜読んだ。
そして、その口蹄疫の記事内にリンクしてあるブログに行ってみた。

口蹄疫・・・そこに苦しんでいる人たちの顔が初めて見えた。
涙でにじむ記事たち・・・。

直接関係ないなんて、そんな風に思えなくなった。
一刻も早く、終息しますように。
心から願わずにはいられません・・・。
posted by きりちゃん at 22:12| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事にして頂き 有難うございます
ウチも湧水町で現在 搬出制限(出荷できない)です 毎日、少量の餌しか上げられず(大きくなり過ぎる為)顔を見たり 声を聞いたりすると 大騒ぎで「腹減った〜」と騒ぎ出します
とうとうワクチンを使うことになりました
元気な牛豚も、殺処分されます 
川南の「ムッチー牧場」さん所もワクチンになりました

http://green.ap.teacup.com/mutuo/

あんまり実感ないのは 仕方ないです

口蹄疫が発覚して もっと消毒の徹底(一般者も含む)があれば こんなに広がらなかったでしょう (呼びかけ不足)
今回はえびの地区はワクチンせずに済みましたが まだまだ油断出来ません

今日もかわいい子豚が産まれましたよ

早く終息しますように祈るばかりです



 
Posted by 黒豚屋 at 2010年05月21日 23:56
>黒豚屋さん
リンク先の記事を読みながら、涙が止まりませんでした。
今は、リアルに感じています。
テレビで、大きな穴に埋められていくシーンを見ました。
異様な世界です(>_<)
悲しいです。やるせないです。

種牛も症状が出始めたとか。
どうなってしまうのでしょう。
不安も募ります・・・。

黒豚屋さんのところ搬出制限なんですか。
鹿児島にも影響が出ているんですね(>_<)

かわいい子豚ちゃん、見てみたいです。
どうか元気に育ちますように。

そして私は、牛や豚など、もっともっと感謝の気持ちを持っていただかなければいけないと
反省しました。




Posted by きりちゃん at 2010年05月22日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック