2009年11月17日

見える優しさ。見えない優しさ。

「優しい気持ち」についてちょっと思うことがありました。

人に見える「優しさ」。人に見えない「優しさ」。

前者はその行為を受けた時、見えるから「ありがとう」と言えるし、
その人のことをいい人だなぁと思い感謝することもできる。

後者はその行為を受けたこと自体気が付かないから感謝の念すらない。
でもある時偶然、見えない「優しさ」に気がついたら、それは感謝を超え感動なのですよ。
あの時のあれ、これ、線で繋がる瞬間、「あぁ、そうだったのか・・・ありがとう(T_T)」

見えない「優しさ」を行える人は本当にすごいと思う。
もしかしたら周囲は一生気が付かない。
感謝もされない。
いや、きっと感謝されることを望んでいないのかも。
相手に「いい人ですね」と評価されるのを望んでいないのかも。
自分がしたいからする・・・ただそれだけ、でもそれが純粋な「優しさ」ですよね。

私もそういう優しい気持ちが心の中から自然と湧き出てくるようになるといいな。

なんとなく今日は気分が滅入っていたのですが・・・、
気持ちが真ん丸柔らかくなってきました。
いい夢が見れそうですわーい(嬉しい顔)

posted by きりちゃん at 20:29| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます。優しい夢を見ましたか。今、故郷の黒砂糖を口に入れています。自然に優しい気持ちになりましたよ。
Posted by 心の救急ケア at 2009年11月18日 03:44
みっちゃんさん、早いですね〜(・。・)
朝早くのお仕事だったのでしょうか!?
わかりやすい視覚よりも、味覚・嗅覚でふと故郷や昔を思い出すことってありますよね。
優しい気持ちになれる瞬間です。
寒くなってきました。どうぞご自愛下さいね。
それと、以前から思っていたのですが、リンクさせて頂きました。これからもよろしくお願いいたします<(_ _)>ペコリ

Posted by きりちゃん at 2009年11月18日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック