2009年08月28日

思い出せない

今日、スーパーですれ違った人。
知っている気がするんだけれど、思い出せない。

ひょっとしたら、知らない人かもしれない。
例えばどこかの店員・受付の人で、喋ったことはあっても、知らない人。

う〜ん、なんか気になるなぁ。

皆さん、そんな体験ございませんか?わーい(嬉しい顔)



posted by きりちゃん at 23:13| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SWCの矢田です、おはようございます♪
「思い出せない」を読んで、思い出しました。
あ、その前に。前々からそんな気はしてましたが(笑)きりちゃんってシネマな人だったんですね。え〜と、シネマな人=所作言動が映画っぽい人というくらいの意味です。

思い出したのは、「去年マリエンバートで」(アラン・レネ監督、1960、フランス・イタリア)というモノクロ映画です。
そこで有名なのが、こんなセリフ・・・

 男「去年お会いしましたね?
   マリエンバートで」
 女「私はあなたを知りません」

知っているのに知らん振りなのか?本当に呆けているのか?(なにかの駆け引き?)
ところでスーパーって面白いですよね。知り合いに会うことは少ないけど、たくさんの食材に囲まれて、プライベートな時間で、音楽も流れてるし人も動いてるし。『う〜ん、なんか気になるなぁ。』と引きずりながら買い物している、きりちゃんのショットを想像してしまいました(笑)
Posted by 秘密工場の矢田 at 2009年08月29日 10:37
SWC会長、お疲れさまです(*^^)v
シネマな人…なんだかステキ。

矢田さんの文章もステキ。
スーパーの情景が容易に想像できます。
登場人物は私ではなく、
そうですねぇ、オードリー・ヘップバーンを想像してしまいました(*^_^*)
見慣れた風景が映画のワンシーンに。
Posted by きりちゃん at 2009年08月29日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック