2009年08月06日

今日も1日ありがとう。

1296-2008-hokkaido-15.jpg

8月6日。
今日は広島に原爆が投下された日。

物騒な世の中になってきたとはいえ、
命の危険を感じることは、日常生活でほとんどありません。

当たり前の1日が当たり前に終わる。
今日も1日ありがとう。
感謝の気持ちを持たなきゃと思いました。

posted by きりちゃん at 19:36| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩わ、きりさん
今日、霧島に戻りましたが、ほぼ十日ぶりかな。今宵は不思議な夜ですね。
小雨模様の中、見え隠れする月が、キレイな丸に見えます。
周りはうっすらと明るい。
今日は64回目の広島原爆の日ですね。今、午前零時。
人の生死は、生まれたときに体内にセットされているのかもしれませんね。
気の流れと言うのか、そんなものを感じときがあります。
ちょうど静寂の海に波が立ち、うねりを打ち立て、やがて消えてゆく。

人の生涯って波のように生まれ、また大いなる源に還るのかもしれない。人だけでなくあらゆるものに命があり、やがて静かに源に還る。
そう考えると人生での出来事、善きことも悪しき事も過ぎ去れば微笑んでしまいます。愉快でありありがたい。

ある本で知りましたが、北陸のお年寄り達の挨拶に「ナンマンダブ」と言うのが口癖のように使われているそうです。
生きている今が、ありがたいと言うことなのかもしれません。
いずれは、また還る命でしょうが、「出会いと言う縁」、この波と波の接線は次に出会えるかは分からない。「時」は尚のこと、もう二度と同じ交わりないでしょう。

だから、今宵の月は今日だけのもので、今ある自分の身体も含めて借り物なのかもしれませんが、ここにこうして月光に照らされて風に揺らぐ木々の葉の音を静かに聴ける時を得れたことに喜びを感じます。
本当に、ありがたい。

きりさんの毎日のブログ、さて何を書こうか迷う時もあられるでしょうが、そっと自分の心に耳を傾け、その素直な感性に訊ねてくださいね。きっと私と言う自分が喜びいっぱい答えてくれるかもしれません。
長なって、ごめんなさい。
おやすみなさい。
Posted by 修 at 2009年08月07日 00:43
おかえりなさ〜い♪
霧島の夜はいかかですか?
やっぱり少し涼しいのでしょうね。
>人生での出来事、善きことも悪しき事も過ぎ去れば微笑んでしまいます。
そうありたいですね。
泣いてしまいそうなことも、こんなこともあったなぁ〜って懐かしく微笑むことができたら幸せだと思います。
ブログを書いていて、何を書こうかと迷うこと確かにあります。
書きたいことがありすぎても、感情が出過ぎてしまうので、止めとこうって思うし。
企業ブログなので、どの程度自分を出すかとか。
凹んでいる時に明るい記事を書くことがどうしてもできなかったり・・・。
でも、ありがたいことだと思っています。
書くことにより気持ちに向き合い整理できるし、
いい加減な情報はのせられないのでアンテナも張るようになったし。
そして、こうやって人と人との出会いがある。
毎回心にしみるステキな言葉の贈り物ありがとうございます(*^_^*)
これからもよろしくお願いしますね(*^^)v



Posted by きりちゃん at 2009年08月07日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック