2009年05月30日

霧島☆夏の名物料理☆誕生

090320_093411.jpg(大好きなローズマリーの花)

霧島市内で名物料理を作ろう!ということで、
ホテル・旅館の料理人有志の方々が創作した冬の『霧島神話ぼっけ鍋』
それに続いて、夏の名物料理が誕生したと、南日本新聞に紹介されていました。
その名も『太刀鉾蒸(たちほこむし)』
6月1日から、霧島市内16施設のメニューに登場するらしいですぴかぴか(新しい)
地元でとれる太刀魚や鯛、穴子などの魚介類と肉、魚、野菜を焼酎、温泉水で蒸し
さっぱりとしたタレで食べる料理とのこと。

夏バテしそうな時も、栄養満点のこの料理、とってもおいしそうですね。
機会を見つけて、食べてみたいなぁと思いますわーい(嬉しい顔)

さて、今日はとってもいいお天気晴れ
よい週末をお過ごしくださいぴかぴか(新しい)
posted by きりちゃん at 10:35| 鹿児島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鮎が食べたいですね〜。
新鮮な鮎は、川魚特有の匂いなんかありません。塩焼き。うまぁ〜^^v
Posted by 秘密工場の矢田 at 2009年06月01日 18:21
鮎(^−^)いいですねぇ。
塩焼き〜パリパリの皮についた塩〜わぁ想像してしまう♪
味噌焼きも美味しいですよね♪
Posted by きりちゃん at 2009年06月01日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック