2020年03月27日

3/27さくらの日

_MG_6936.jpg
今日はさくらの日なんだそうです。
3×9(さくら)=27の語呂合わせと、七十二候のひとつ「桜始開」が重なる時期であることから決まったそうです。

なにより「桜始開」!
初めて聞いたというか見て、なんて読むのかなぁと調べたら、
「桜始開(さくらはじめてひらく)」
素敵すぎませんか(*^^*)

「桜」はとても愛され親しまれている花で、いろいろな言葉があります。

桜が満開でその辺りの闇がほのかに明るく感じられる「花明かり」
咲き満ちて零れ落ちる桜を表す「こぼれ桜」
散りゆく桜が川を流れる様子を「花筏(はないかだ)」や「花吹雪」
桜が咲くころ寒さが戻ることの「花冷え」

素敵ですよねぇ。
日本語って。

今年は桜を愛でながら花見…というわけにはいかない状況ですが、
その時折の桜を見る余裕を持ちたいなぁと思います。



posted by きりちゃん at 11:21| 鹿児島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする