2018年05月21日

西郷どんと愛加那

家の掃除をしてホッと一息ついていると、あれあれ?ざらざら?
桜島の降灰にため息が…。

桜島は鹿児島のシンボルだし、なくてはならないものだけれど、
それにしても…。
降らないことが続いていたから、尚更
今日はどうかな。

龍門司の坂.jpg
龍門司坂(写真提供:鹿児島県観光連盟)

さて、昨夜の西郷どん、ご覧になりました?
西郷どんと愛加那の幸せそうな姿に、嬉しくなりました。

協会けんぽから届くメールマガジンにこぼれ話が載っていました。
「自然豊かな奄美で大好きな猪狩りをしたり、釣りをしたり。
また、島の子どもたちに勉強を教えたり、相撲をとったりと、西郷にとって奄美での暮らしは本当に心安らぐ幸せなものでした。
愛加那との仲も睦まじく、西郷は愛加那を膝の上に乗せお客が来ても離れなかったというような微笑ましい逸話も残っています。
また、愛加那は毎日西郷の髪を梳き櫛に絡んだ髪を大切にとっておきました。
そのおかげで、後に鑑定をした結果西郷の血液型がB型であることが分かりました」

西郷どんが愛加那をものすごくかわいがっていたことが分かりますね。
そして、愛加那も西郷どんのことを大事に思っていたことが分かります。
これからずっとこの幸せが続くといいのだけれど。
現実は厳しい(>_<)





posted by きりちゃん at 13:40| 鹿児島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする