2016年10月04日

いろいろな人生。

大隅良典さん、ノーベル賞受賞おめでとうございます。
日本人のノーベル賞受賞は3年連続で25人目。
「人がやらないことをやろう」
ということは、みんなの憧れる華やかな分野の研究ではなかったのかな…。
みんながやらないような部分をコツコツと、それが認められるって素晴らしい。
「何か分かったら、必ず次に新しい疑問がわく」
あれ?どうして?なぜ?子供の頃たくさんあった知的好奇心。
これを大切に育ててきたら私も賢くなれたのかも(笑)
生まれた時は、同じかわいい赤ちゃんだったと思うのだけれど、
どこでどう差が付いていくのですかねぇ(^-^;)

そう、いろいろな人生がある。
ノーベル賞受賞の華やかな記事と同じ日の今日の新聞には、
精神障害とともに生きる方やご家族からの投稿が載っていた。
読んでいて涙が止まらなくなりました。
元気で生まれて、身体の病気もしないで、大きくなって…。
これから輝かしい未来が訪れることしか想像していない高校生や20代。
精神の病気を発症するなんて、誰がそんなことを予想できただろう。
本人もツライ。ご家族もツライ。
偏見や差別もツライ。
そんな中でも、みんなそれぞれの乗り越え方で、光を見出していく。
(T_T)

小林麻央さんの「病に隠れない」生き方も、本当にスゴイと思う。
言葉を贈ってくださったお医者さんも素敵ですが、
それを素直に受け入れる彼女の強さがまた素晴らしいですよね(T_T)
光を見出し、今度は彼女自身が光となり周りを照らしはじめた…すごいエネルギー。

決して特別なことではなく、誰でも罹る心の病、身体の病。
近い将来、どなたかの研究が実を結び、
すっきり良くなる薬、自分らしく生きられる薬が開発されますように。
a0960_007646.jpg









posted by きりちゃん at 12:53| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする