2016年01月12日

衝撃の告白(^-^;)

紅梅.jpg

昨夜のテレビ「しくじり先生」、ご覧になられました?
TMネットワークのギタリスト木根尚登さん。
ななんと、30年間エアーギタリストだったことを告白\(◎o◎)/!
これはちょっと衝撃でした。

TMネットワークが世に出てきたときは、
小室さんが何台ものキーボートを華麗に操るその姿に
宇都宮さんのハスキーで甘い声に
木根さんの寡黙でクールなギターに
コンサートも何回か行きましたが、
始まりと終わりがあり、アンコールは一切なしという決められた完璧なステージ。
(初期の頃のことなので、この頃はわかりません)
まぁ、ホントにかっこよかったんですよね。
それが……!!!
ギターを弾けなかったとは!!!(すっごい面白い人だったことにも驚きましたが)
なんとまぁビックリなことでしょう。

でも私がそれ以上にビックリだったのは、
スタッフも知っていたのに、なぜ30年間、週刊誌にも一切騒がれなかったのか。
これは…いったい…。

以前、私の好きな歌手(長年このブログを呼んでいる方はお分かりかと思いますが(笑))が
テレビに出た際、その歌手のマネージャーが
「その日の番組で演奏していたのは、●●だけでした!やっぱりすごい!」
という裏話を会報でしていたんです。
これには、「えええ???そうなの???」という衝撃を受けたことがあります。
口パクとかはよく聞くけど、当て振りって普通なの?
よくわかりません。

ただ、テレビを見ていてドラムやホーン部隊に全くマイクが付いていないこともあるので、
これはやっぱり生ではないんだろうなって…そう思うことはあります。
コンサートに行ってCDと全く一緒だ…???と違和感を覚えたこともあります。

YMO(イエローマジックオーケストラ)が先駆けだったと記憶しますが、
現在はマニピュレータ―という方がステージ上に入る場合も多く、
メンバーにクリック音など送ったり、その場で演奏できないパートを自動演奏したりしていますよね。(演奏を前もって録音して流せば、本人はその場にいなくてもOK)

ということは、
演奏している、していないっていうのは、さほど重要ではない。
だから30年間騒がれなかったのかな??

テレビでは時間的なこともあるし仕方ないけれど、
せめてコンサートでは、その時その場のセッションが聴きたいなぁと思う…。
少々ずれるのも、かえってドキドキするのになぁ。











posted by きりちゃん at 12:56| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする