2014年08月07日

立秋

立秋。初めて秋の気配が現れてくる頃。
皆さん、いかがでしょう?
秋を感じますか?
日中は暑いけれど、例年より寝苦しい夜が少ない気も…、気のせいかな?

03201244.PNG

ゆく夏を惜しんで、セミが、けたたましく鳴いています。
いつも思い出すのが松尾芭蕉の一句。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

普通なら「うるさいなー」とも感じるくらいのこの声。
芭蕉は、セミの鳴きしきる現実の世界とは別の事件の閑さを感じて作った句だそうです。
すごい感性。

鹿児島県内でもパワースポットと言われている場所がありますが、
自然の中に身を置き、身体じゅうで自然を感じると、
ざわつく現実の中にいたとしても、雑念が取り払われ心の中にきっと静寂が広がってくる。
そういう時間をこの夏、作れたらいいですよね。






posted by きりちゃん at 11:29| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする