2014年07月05日

「トランセンデンス」

土曜日お仕事の皆さま、お疲れさまです。
思っていたより、サクサク進んで気持ちに余裕がでてきました(*^-^)

さて、先日、映画を見に行ってきました。
DSC_2780.JPG
「トランセンデンス」
意志をもった人工知能が人類の知性を超えてしまう現象“トランセンデンス(=超越)”を描いた
近未来SFです。
大好きなジョニー・デップ主演ですから見ないとー((ミ ̄0 ̄ミ))

クリストファー・ノーラン監督の撮影監督を務めてきたウォーリー・フィスター監督の
デビュー作ということ。
クリストファー・ノーラン監督といえば、わたしにとっては「インセプション」♪
期待も膨らみましたo ( ` ・ ω ・´ )o

以下、あらすじとちょぴり感想です。
凶弾に倒れた主人公。妻によって彼の脳はスーパーコンピューターにアップロードされる。
消滅するはずだった彼の意識はコンピューターの中で生き続け、
やがてネットワークの力によって地球上のあらゆる知識を手に入れ、
予想もしない進化を始める。
…そんな映画です。

亡くなった人をアップロードするというより、
優秀な科学者が世界中のコンピューターを操作し管理するってこと、
後何十年後かにありそうですよね。
コワイ世界になりますよ…。コンピューターとは上手に付き合っていかなければ。

えっと、
今回の映画は、泣けなかったのが残念だったかなー。
そういう映画じゃないっていえばそうなんですけどね。
どんな映画にも「泣き」を期待しているところがあるので(^-^;)

現在上映中の「チョコレートドーナツ」とか泣けそうですよね。
見てみたいなと思います(*^-^)







posted by きりちゃん at 12:57| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする