2013年09月21日

「ルールとマナーを乗せて走ろう秋の道」

無題111.png
※内閣府HPより

今日から、9月30日まで、秋に全国交通安全運動が実施されます。
車を運転していると、
「どうして歩行者が車道を歩いているんだろう」
「自転車が急に飛び出してきた」

歩いたり自転車に乗っているときは、
「横断歩道を渡っていたら左折の車にぶつかりそうになった」
「自転車の存在に気付いていない?巻き込み確認をしてほしい」

それぞれの立場で、もぉー(-_-)爆弾と思うことがありますよね。

すべては、こちらが思っている通りの行動を相手がしてくれないことによるもの。
自分が相手に迷惑をかけないようにするのはもちろんですが、
相手に過度な期待をせず、自らの危険予知能力を高めることが
交通事故の予防に繋がるのではないかと思います。

そして、ついつい忘れてしまいがちですが、
平成20年の道路交通法改正で、すべての座席でのシートベルト着用が義務化されています。


後部座席でシートベルトをしていないときの罰則は、
高速道路では、反則金はありませんが点数が引かれます。
一般道では、反則金もないし点数も引かれません。
じゃあ!着けなくても?という気持ちにもなりますが、
万が一事故をしてしまったとき、シートベルトの着用・非着用で危険性が全然違うんです。

シートベルトをしていないと…、
・車内で全身を強打がく〜(落胆した顔)
  時速60キロでの衝突は4階建てビルの屋上から落ちたときと同じショックがあります。
・車外に放り出され道路で全身を強打、後続車両にひかれてしまうこともがく〜(落胆した顔)

こわいですがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
自分の命は自分で守りましょう!




posted by きりちゃん at 10:46| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする