2013年07月05日

「ぐりとぐら」のカステラ

お昼休憩は12時から。
10時半を回るとお腹がすいてきます(>_<)
頭の中には、食べ物が浮かんでは消え…。
いけない、いけないあせあせ(飛び散る汗)

と、先日の南日本新聞に、こんな写真が載っていたのを思い出しました。
DSC_1560.JPG
おいしそうなカステラ!!
カステラと言ったら普通は直方体。
これは!まさかの!「ぐりとぐら」のカステラじゃないですか!!!

「ぐりとぐら」は1963年に登場して以来、圧倒的な人気を誇っている絵本シリーズ。
その絵本の中で、おいしそうなカステラを焼くシーンがあるんですよね。
黄色い大きなカステラを想像すると、
子どもだけでなく大人もゼッタイ食べたくなります。

すごい。作れるんですねー!!
絵本を読み終わって、その世界に出てくるお菓子を食べたら、
幸せな気分になりそうわーい(嬉しい顔)
「ぐりぐらのカステラ」が食べたいよーーーexclamation

さて、「ぐりとぐら」
今年は誕生50周年なんだそうです。
本棚の奥に眠っている絵本を取り出して、
七夕の近づく文月の夜、ゆっくりと読んでみるのもいいかもしれませんね。



posted by きりちゃん at 10:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする