2013年02月15日

ちょっと引いて物事を見る。

久しぶりに国分からキレイに桜島が見えます晴れ
このところ天気がよくても霞んでいることが多いんです。
雨上がりで空気が澄んでいるのかな。
こう見ると、やはり雄大。気持ちが大きくなりますね(*^^)v
DSC_0980.JPG

さて、今日は、物事にはいろんな見方があるというお話です。

例えば、旭交通で行っている「ドアサービス」
これは「お客さまに気持ちよく乗降車していただくためのサービス」です。
答えは、これしかないとずっと思っていました。
だから、私自身タクシーに乗るとき、同じ社員だし、
「いいです、いいです。大丈夫ですよー」とお断りすることもありました(^-^;)

ところが、
この「ドアサービス」、見方を変えると「危険防止」の意味もあったんです!
サービス係の方が、後方確認をして自動ドアを開けたとしても、
バイクや自転車が突っ込んでくる可能性がないともいえません。
お客さまを「危険」から守り、
サービス係の皆さんも何か起こったときの「責任」から自分を守ることになる。
「ドアサービス」ひとつにしても、いろんな見方があるんですよね。

何か物事が起こったとき、
一方からしか見ていないと、それしか見えなくなる。
ちょっと引いて全体を見渡す。するといろんなことが見えてくる。
そんな余裕が必要だなぁと思いましたわーい(嬉しい顔)



posted by きりちゃん at 13:37| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする