2011年10月15日

感動。

世界体操の内村航平選手。
大会史上初の個人総合3連覇がかかっていた試合が昨日行われました。
前人未到ですよ。
周囲の期待も大きい。
実力だってある。
3連覇は、間違いないと言われるたびに感じるであろうプレッシャー。
私だったらゼッタイ緊張し浮き足立つ。
きちんとした試合ができるかわからないし、帰りたい心境に陥りそう。
それなのに、顔色ひとつ変えず、落ち着いた試合を見せてくれました(;o;)

「自分の演技ができれば、結果はついてくる」
世界大会ですよ。
自分の演技ができても、勝てない選手が多い中で、そう言い切れるなんて。
ダントツの強さの証明ですね。

団体で金を逃し、悔しさのあまり普段どおりの演技が個人で出来るかどうか分からない精神状態にもなったそうです。
でも、一晩で闘志を回復。
どんなときも敵は己だけ。
8月に、足首を捻挫し、練習時間も万全ではなかったそう。
やるぞ!という情熱がすごいのでしょうね。

先日お亡くなりになられたアップル社の元CEOのスティーブジョブズ氏のお話しによると、
情熱を持ち続けることが何より大切とのこと。
でも、どうしたら情熱を持ち続けることができる?
それは、好きだから。
そんなシンプルなことなんですよね。

好きなことを早く見つけることができた人。
それに情熱を注ぎ努力を努力と思わず邁進できた人。
そんな人が天才と呼ばれるのかもしれません。

本日は、頑張ってスマホから入力しました(^-^)v
疲れたぁ(>_<)
乱文や誤字脱字がありましたら、すみませんm(__)m



posted by きりちゃん at 16:17| 鹿児島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする