2011年10月05日

何のために

『人は、何のために勉強するのか・・・。』

泣きながら掛け算九九を覚えた小学校時代あせあせ(飛び散る汗)
微分積分・基礎解析・・・絶対に今後使わないと確信していた高校時代(^^ゞ
どうして、勉強するの〜!?
ふとしたときに、思っていました。

でも、数年前にやっと答えを見つけたひらめき
『人の役に立つため』
(このブログに以前書いたような気がしますが・・・、)

人に何かを頼まれたとき、さっと仕上げることができるように、
いろんな引き出しを持てたらいいなと思う。
人の役に立てたら、幸せだと思うしなんだかカッコいいぴかぴか(新しい)

どんなことが人の役に立つのか・・・社会人になった今、それはとても広範囲。
もっと早く気づいていれば、楽だったのに(中学時代とか?(^^ゞ)

私は子どもの頃、書道を習っていました(しっかり中3まで(^^ゞ)
「書道なんて、大人になって使うことないし!」
と、なかなか上達もしませんでした。
(書道だけでなく、硬筆も下手なところが悲しいもうやだ〜(悲しい顔)
今になって感じるのは、
会社のイベントや会議の題字など書道で書けたらかっこいいのにグッド(上向き矢印)ということ。
しっかりやっておけばよかったなふらふら
字が上手く書けたらいいだろうなぴかぴか(新しい)
・・・この頃つくづくそう思う・・・。

すべての勉強・習い事・知識に無駄なものなんて何一つないんですよね。
ちょっと気づくの遅かったけれど、いろんなこと、コツコツやっていこう。
posted by きりちゃん at 10:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする