2010年03月19日

言って後悔?言わずに後悔?

思っていること・考えていることを口に出して相手に伝えたとします。
「言ってよかった」とスッキリグッド(上向き矢印)する時と、
「言わなきゃよかった」とどよどよ〜んバッド(下向き矢印)と落ち込みがます時と
皆さんは、どちらのパターンが多いですか?

いつも頭の中でモヤモヤ考えているのもイヤだし、
思い切って提案したのはいいけれど・・・、
ん〜、きちんと伝わったのか、誤解されていないか、
私が言うべきことだったのか、
別のモヤモヤに頭を占領される・・・それが私は多いかなぁ。

どっちにしても、モヤモヤに悩むなら、
結果が改善に向かう『前向きモヤモヤ』の方がいいよね!
っていつも自分に言い聞かせる(^−^)あせあせ(飛び散る汗)

言うか言わないか、するかしないか、
迷ったらGOなのか、STOPなのか、
STOPの方が結果的には自分を傷つけず利口な選択かもしれないけれど、
GOを選ぶ自分でいたいなぁと思う。

それで失敗して、激しく落ち込んだとしても、
そこから学ぶことは多い気もするし(*^^)v

いろいろ考えていたら、
昔買った銀色夏生さんの「微笑みながら消えていく」という本を思い出し、
本棚をゴソゴソ探してみた。
この本の中の「後悔」というエッセイの中で
”しようと思ってしなかった時より、しないと思ってでも迷って結局してしまった時の方が
後悔することが多いような気がする・・・
迷ったらやめるというのが私の(希望的)鉄則です”と
書いてあったハズ。
今の私の意見と違うけど、これはこれで当時深く深く納得し共感していた部分。


「あった!」
心に響くステキな写真とエッセイ。
久しぶりにゆっくり読んでみようと思いますわーい(嬉しい顔)

901-kumo-guam.jpg
※本の表紙が青空なので選んでみました(*^^)

posted by きりちゃん at 21:31| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする