2010年02月27日

『メイク・ア・ウィッシュの大野さん』

100225_125057.jpg
「これ、読んでみてよ。」
サービス係の方に本を借りました。

難病の子どもの夢をかなえるお手伝いをされている団体『メイク・ア・ウィッシュ』のお話です。
そういえば・・・
昔、X JAPANのギタリストhideさんが難病の子どもと一緒にテレビに出ていたなぁ・・・
そんな記憶が蘇りました。

子どもたちの夢をかなえるために、
大野さんたちがひとつの種まきをすると、
その気持ちに動かされた他の人の善意も次々に加わり、
夢がどんどん成長していきます。
その過程は素晴らしく、全編を通して涙なしでは読めない本でしたもうやだ〜(悲しい顔)

人助け、ボランティアにつきものの偏見にも答えていらっしゃいます。
3日坊主でもいいじゃない!
自己満足でもいいじゃない!
売名行為でもいいじゃない!
とにかくやってみようよ!

深く考えないで、自分にできることをできる時に行う。
そんな行為が街中に溢れると、もっともっとやさしく住みやすい世の中になるのかもしれません。
posted by きりちゃん at 15:53| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする