2008年12月13日

言葉の大切さ

081212_172759.jpg

あっという間に12月ももう半ば。
時が経つのがとっても早いですね。

今日の職場の教養のお題・・・「言葉を大切にしましょう」

ブログを書いていると、言葉の重みをすごく感じます。
ひとつの言葉でも、良くも取れるし、悪くも取れる・・・そんなことがあります。
気を付けなきゃいけないですよね〜ふらふら
知らないうちに人を傷つけてしまっているかもしれない・・・(ごめんなさい)
表情が見えない分、絵文字に頼ったりしてしまいがちですが、
美しい日本語だけで、上手に気持ちを伝えられたらいいなぁといつも思っています。

「そんなつもりで言ったり書いたりしたわけじゃないのに・・・」とか
ついつい言い訳してしまうけれど
相手が悪く取ってしまったという事実があるなら、
それはやはり伝え方が悪かったのでしょう。
そこは真摯に受け止め反省しなきゃと思います。

悪く取られてしまったことを恐れていると、言葉を使うのが怖くなりがちですが、
言葉ひとつで幸せな気分になることもあります。
その一言で、一日幸せな気分になれたり、
頑張ろう!って心から思えたり、感動して涙が出てしまったり・・・。

普段から言葉を大切につかうことを心がけていたら、
言葉も味方についてくれるかもしれませんねわーい(嬉しい顔)
美しい日本語を使うことができるように、努力したいなぁと思います。

さて、明日はNHK大河ドラマ「篤姫」がいよいよ最終回を迎えます。
大河ドラマにこんなにはまるなんて、自分でもびっくりしています。
このドラマも随所に感動的な言葉がちりばまれています。
私が一番心に残っているのは「役割」っていう言葉かな。
人にはそれぞれ役割がある・・・深いです。
もう終わってしまうなんて・・・すごくさびしいもうやだ〜(悲しい顔)
日曜夜の楽しみがなくなってしまうよぉ〜もうやだ〜(悲しい顔)
篤姫の最期、しっかり見届けたいと思います。




posted by きりちゃん at 12:49| 鹿児島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする