2007年09月29日

ちょっとまじめに? 秋の哲学

事務所の朝礼では
毎朝、「職場の教養」という本を読みます。本

この頃のお題から派生して、「信じる」ということについて。

たぶん人間誰しも、例えば100人中100人からは好かれない。
わかってくれる人、その中の80人でもいたらいいなって思う。
ちょっとよくばり?パンチ
では、50人に好かれて、50人に良く思われない状態があるとする。
この状態は、百歩譲って?認めることができる。
しかたないこと。

でもね。
よく思っていない50人の中に、
すご〜くすごく影響力の強い人がいたとする。
その人の発言は、真実味を帯びていて、
本当のことでなくても、「そうなのか!」と納得してしまうほど。

そうなると、好いていてくれた50人から、
じわじわ〜っと、良く思わないグループへの移動が始まる。
いつのまにか、50対50の図式は10対90へ・・・がく〜(落胆した顔)

これって、納得いかないなぁ〜って思いませんか?

話は一方からだけでなく、もう一方からも聞く。
それから判断しようよexclamationって思う。
人がどう思っていようと、まずは「信じて」あげようよexclamationって思う。

聞いた話・人がした判断を自分の判断にしていないexclamation&question
判断は、自分で確認してから自分でしよう。
私は、そうありたいなぁ〜と秋の夜長に思いましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

posted by きりちゃん at 21:32| 鹿児島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする